喪主は重要!葬儀の準備は亡くなってから告別式まで

香典

葬儀にかかるお金

葬儀にかかる費用は規模や人数、地域にもによりますので一概には言えませんが、葬儀費用全てをあわせて200万円程度かかります。内訳としては、参列した方のための飲食接待費用、寺院に支払う費用、火葬場や斎場を借りるなど葬儀全般にかかる費用に分かれます。基本的に飲食接待費用と葬儀全般にかかる費用は依頼した葬儀社に払うことになります。

葬式

葬儀費用全般とは

葬儀社に支払う葬儀費用全般とは何を指しているのかを説明します。まず、大きなものは祭壇、棺、寝台車のです。他にも御遺体を保管するためのドライアイスやご遺影、花、お供え物、礼状や人件費も含まれています。もちろん必要ないものは断ることもできますので葬儀社に相談してみましょう。また、総費用が高いので金銭的な負担を心配される場合もありますが、香典がいただけるので、その費用も予想して葬儀の予算を立てるようにしましょう。

葬儀の準備から葬儀までの流れ

男女

遺体を自宅に搬送する

自宅以外の病院や施設で息を引き取った時は搬送を依頼しなくてはなりません。搬送は葬儀社に依頼します。故人が生前に葬儀社を予約している場合はその葬儀社に連絡しましょう。急逝の場合も病院で紹介してもらえます。また、その後葬儀社を変更することも可能です。

死亡診断書・死亡届の提出

死亡診断書は遺体を搬送する際に必要な書類です。医師が発行してくれます。死亡診断書を持った人が寝台車に同情しましょう。その後、役所で死亡届を提出します。火葬許可証が発行されないと火葬できませんので忘れずにしまよう。また役所には死亡診断書が必要になりますので持っていくようにしてください。

葬儀社選び

葬儀を行う葬儀社を決定します。会場や費用で選ぶのはもちろんですが、明確な料金設定や信頼できる葬儀社かということを選ぶのが重要です。

打ち合わせ

参列する人数によって葬儀の形態が変わりますので、まずは誰を呼ぶのかを大まかに予想して葬儀の規模を決定しましょう。葬儀の規模によって料金ももちろん変わってきます。また、日程も火葬場とのスケジュール調整がありますので早めに決定しましょう。基本的に友引は避けられることが多いです。日程・場所が決定したら早めに参列者に連絡をしましょう。

お通夜

お通夜前の準備は葬儀社が基本的に行ってくれますが、最終確認は喪主が基本となります。受付係は遺族から出すようにしましょう。親族や信頼できる知人が適当です。通夜ぶるまいでは食事をしながら故人の思い出話をして弔いましょう。

告別式

告別式も基本的な準備は葬儀社が行います。挨拶だけは簡単でいいので考えておきましょう。

広告募集中